2017年11月20日 08:11

女性のお見合いの「心得」について

実際、結婚相談所のお見合いはどのような形で

 

行われているかご存知でしょうか。

 

ひと昔前のお見合いといえば、

 

仲人」が同席して仲介役を担い、

 

本人たちの意思よりも家と家との結びつきが

 

重視される堅苦しいイメージがありましたね。

 

しかし、現代のお見合いでは、仲人・カウンセラーなどは

 

ほぼ同席せず、レストランカフェなどカジュアルな場所で、

 

本人たちが自由にお見合いをしています。

 

お見合いをする当人同士の“気持ち”が、

 

重要視されるようになっています。

 

お見合いは「第一印象」がすべてです。

 

つまり、女性らしい清潔感のある服装がよいとされます。(^-^)

 

極端な柄や色のコントラストが強すぎるもの、

 

肌を露出する服や短いスカートは避けてくださいね。

 

また、お見合いには素足ではなく、必ずストッキングを履いていきましょう。

 

お見合いは「第一印象」がすべてなので、遅刻は絶対に避けたいところですね。

 

会場にもよりますが、車で行くよりも電車バスなどの

 

公共交通機関を使ったほうが安心です。

 

遅刻を避けるためにできれば30分ぐらい前に、

 

到着しておくと安心。(^-^)

 

早めに到着して周辺を散歩できれば、

 

お見合い前の緊張を和らげることもできます

 

お互いの「第一印象」は“3~6秒”で決まり、

 

その後の“4分間”で定着すると言われています。

 

少なくとも最初の5分間は、

 

相手に“好印象”を残せるように

 

最大限努力”してくださいね。

 

相手に“好印象”を残すためには、

 

自分から先に声をかけることが一番です。(^-^)

 

相手の目を見て笑顔で、

 

「初めまして、○○と申します。」

 

と、あいさつしましょう。

 

お見合い相手も緊張していますので、

 

あなたから声をかけることによって

 

相手の心もほぐれて“好印象”を与えられます

 

お見合い中に相手と“積極的”に、話したい話題があります。

 

なにかと申しますと「お互いの子ども時代や家族の話」です。

 

結婚は“家対家”なので、相手の家族構成や

 

どんな両親に育てられたのかなど、

 

お互いの家族について

 

早いうちから知っておくことをおすすめします!

 

また、結婚前提の交際になった場合

 

結婚観人生設計プランなども

 

しっかり聞いておきたいですね。

 

共働きなのか、専業主婦なのか、

 

親との同居の可能性や子どもが欲しいかどうかなど、

 

普段のデートでは聞きづらい話題を

 

率直に聞けるのが、お見合いのメリットです。

 

逆に避けたい話題は、

 

個人的な宗教政治的な考え方

 

お互いの過去の恋愛結婚離婚話です。

 

そして、お見合いの費用は基本的に

 

男性側が負担することがほとんどだと思います。

 

が、女性側がまったく支払う素振りを見せないのは

 

マナー違反ですね。

 

お会計の際は必ずお財布を見せ、

 

「おいくらですか?」と、

 

尋ねるようにしましょう。

 

もし男性がごちそうしてくれたら、

 

遠慮せずに“感謝”して受け入れましょう

 

間違っても無理やり割り勘にしたり、

 

お金を渡したりするのはやめてくださいね。

 

男性はプライドの生物ですので、

 

メンツが丸つぶれになってしまいます。

 

相談所の場合お見合いでの

 

本人同士が連絡先を交換するのを、

 

ほぼ禁止しているところが多いです。

 

なぜかといいますと、

 

ご縁がなくお断りの際

 

後々のトラブル避けるためです。

 

もし、連絡先交換がNGなのに

 

相手が求めてきた場合は、

 

相談所カウンセラーや仲人を通じて

 

教える”、とお断りしましょう。

 

ご縁があり交際になりましたら相手の連絡先を、

 

相談所カウンセラーや仲人がお伝えします

 

基本的に男性から連絡が来てから、やり取りしてくださいね。

 

また、くれぐれも先に女性から連絡をしないようにします。

 

男性から連絡が来るのを、

 

ワクワク”しながら待っていてください。(^-^)

 

また、お見合いが終わりましたら、

 

なるべく早く相談所カウンセラーや仲人も、

 

連続を入れてください。

 

お見合い中に覚えておきたいマナーをいくつかお話しましたが、

 

やってはいけない“NG”行動もあります。

 

たとえお見合い相手が、

 

自分の希望に沿っていなかったとしても決して

 

ぞんざいな態度つまらない態度はいけませんね。

 

お見合いは1~2時間で終わります。

 

その時間はご縁に感謝して、

 

人として相手に失礼のない態度を心がけてください。

 

また、お見合い中に“携帯”をいじるのは、

 

相手に対して“大変失礼”となってしまいます。

 

お見合い中は、“携帯”をマナーモードにして

 

バッグに入れておきましょう。(^-^)

 

お見合いをしてみたけれど、

 

やっぱり合わなかったと感じた場合

 

何と言って断ればいいのか。

 

そこは、相談所カウンセラーや仲人にお伝え頂き

 

相手相談所カウンセラーや仲人にその旨お伝え致します。

 

お見合いだからといって、

 

特別に身構える必要もなく、人としての

 

気遣いマナーを忘れなければ大丈夫です。(^-^)

 

今は堅苦しかった昔のお見合いとは違うので、

 

出会いのきっかけに結婚相談所を気軽に活用し

 

ぜひお見合いを楽しんできてくださいね

 

 

 

 

 


その他の最新記事