2018年01月08日 08:01

今、そうとう流行っているみたいです。

新年あけまして

 

 

一週間ほど経ちましたね。(^-^)

 

 

良い一年になりますようにと

 

 

本当に願うばかりです。

 

 

 

 

突然、私須貝事で恐縮なのですが

 

 

 

 

あろうことか今流行り

 

 

 

 

インフルエンザに、

 

 

 

 

かかってしまいました。。(^-^;

 

 

 

 

病院に行き、

 

看護師さんが

 

「今、インフルエンザの患者さん多いのよ」

 

と、言ってましたねぇ。

 

検査を受けましたら

 

 

 

 

A型インフルエンザ

 

 

 

 

の診断を受けました。。

 

 

 

 

 

ここで豆知識。(^0^)

 

 

 

数あるインフルエンザウイルスの中で

 

人間に感染するウイルス

 

大きく分けて3種類あります。

 

それぞれ、

 

 

A型

 

 

B型

 

 

C型

 

 

呼ばれています。

 

 

一口にインフルエンザとは言っても、

 

ウイルスの型によって

 

ずいぶん症状や経過が異なる様ですね。

 

 

 

 

 

A型インフルエンザ

 

 

A型インフルエンザウイルスは、

 

他と比べ症状が激しい型です。

 

インフルエンザ」と聞いて

 

皆さんが想像するような、

 

強烈な症状が出やすい型だと

 

考えられています。

 

通常一度インフルエンザにかかると、

 

回復の過程でそのウィルスに対する

 

免疫が体内に作られますが、

 

A型は全世界的なインフルエンザ

 

流行として話題になることが多く、

 

ウイルスの形をどんどん変えて

 

進化し続けるため、

 

今までに獲得した免疫が機能しにくくなり

 

ワクチンの予測も立てにくい

 

インフルエンザウイルスになります。

 

 

 

・38℃を超える高熱

 

・肺炎を含む、深刻な呼吸器系の合併症

 

・ものを飲み込むのが困難なほどの、のどの痛み

 

・関節痛、筋肉痛

 

・脳炎、脳症の合併症を引き起こすことがあります。

 

 

 

B型インフルエンザ

 

 

B型インフルエンザウイルスは、

 

以前は数年単位で定期的に

 

流行していたみたいです。

 

近年は毎年流行しているそうです。。

 

A型インフルエンザのように、

 

大きな流行を起こすことは

 

あまりないと考えられている様です。

 

 

 

・お腹の風邪の症状に近く、下痢やお腹の痛みを訴える人が多い

 

・人と人の間でしか感染しないそうです。

 

 

 

 

C型インフルエンザ

 

 

C型インフルエンザは、

 

いったん免疫を獲得すると

 

終生その免疫が持続すると考えられています。

 

再びかかったとしても

 

インフルエンザだとは気づかず、

 

ふつうの風邪と思ってしまうかもしれません。

 

 

 

 

・ほとんどの大人が免疫を持っているため感染しにくい

 

・かかるのは4歳以下の幼児が多い

 

・感染してもインフルエンザとしてはかなり軽症で済むことが多い

 

・症状は鼻水くらい。ほかの症状はあらわれないことが多い様です。

 

 

 

 

何より、インフルエンザに

 

 

かからないことが一番大切です

 

 

しっかり予防対策して下さいね。(^0^)

 

 

 

 

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・: ☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:

 

 

 

 

 


その他の最新記事