2018年02月03日 08:02

節分ですね、恵方巻き食べましたか。

最近では日本全国で

 

食べられる様になった恵方巻き。

 

もともとは、関西地方のみで

 

行われていた風習でしたが

 

ここ数年、日本全国に広まって

 

今や北から南まで行う文化として

 

すっかり定着しましたね。(^-^)

 

さて、恵方とは

 

何を意味するかご存知でしょうか?

 

恵方とは、歳徳神(としとくじん)

 

という神様のいる場所を指します。

 

歳徳神は、その年の福徳(金運や幸せ)を

 

司る神様の事で、年徳、年神様、正月様

 

なども呼ばれています。

 

昔からなじまれている神様なのです。(^-^)

 

歳徳神のいる場所は毎年変わり、

 

その度に恵方も変わっていきます。

 

その方角に向かって、

 

いろいろな事を行うと良いと言われており

 

かつては節分の恵方巻きを食べるときだけではなく

 

初詣も恵方の方向の神社に参ったり、

 

初めての事を行うときは恵方を向かって行ったそうです。

 

恵方というのはとても身近なものだったのですね

 

 

 

 

 

その他の最新記事